入院・お見舞い

病棟(病床)のご紹介

各病棟の特色を生かして、チーム医療に取り組んでいます。

一般病棟

病床数: 197床

一般病棟は、検査や手術の前後、ケガや病気の症状が現れた後の急性期治療や回復が必要な患者さんが集中的な治療を行うために入院される病棟です。
当院においては、骨折の治療、人工関節や脊椎の手術、顕微鏡視下での整形外科手術、唇裂口蓋列などの形成外科の治療、心筋梗塞、狭心症、心不全などの患者さんが入院される病棟です。

回復期リハビリテーション病棟

病床数: 125床(整形外科系39床、中枢神経系86床)

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患又は大腿骨頸部骨折、脊髄損傷等の方に対して、ADL(日常生活に必要な基本的動作)の向上により、寝たきり防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを、医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行っています。

地域包括ケア病棟

病床数: 39床

地域包括ケア病棟は、ケガや病気の症状が現れた後の急性期治療が終了し、家庭復帰を目的とした治療を受ける患者さんが入院される病棟です。
専門の在宅支援担当者を配置して、医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等と共に、ご退院後も安心して生活していただくための積極的な支援を行っています。

障害者施設等一般病棟

病床数: 45床

障害者施設等一般病棟(障害者施設等入院基本料)は、重度の障害をお持ちの方や神経難病の方を対象に、寝たきり防止、ADL(日常生活に必要な基本的動作)の向上、在宅支援などを目的に医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士をはじめとした多職種のスタッフによって、ご退院後、ご自宅での生活の不安を解消できるよう個々に応じたチーム医療を提供しています。

ハイケアユニット

病床数: 4床

ハイケアユニットは、より綿密な看護が必要となる患者さんの術後管理や急性心不全、呼吸不全等の治療を行っています。
当院には4床あり、他の病棟とは異なる体制で、患者さんの看護を行っております。