診療科

皮膚科

肝斑、色素沈着の改善

「リバースピール」

リバースピール

TCAピーリングの常識を変えたコラーゲンピール(マッサージピール)「PRX-T33」から、新たに肝斑、色素沈着のピーリング剤が誕生しました。
3ステップで、お肌の深層から表層に向けて施術を行います。

リバースピールの適応

  • 肝斑
  • 色素沈着

リバースピールの作用

  1. RsP1(真皮層)
    トリクロロ酢酸が真皮層まで達し、薬剤に含まれる過酸化水素水でメラニン色素を酸化、分解されやすくします。また、コウジ酸の効果で美白に導きます。
  2. RsP2(表皮深層)
    78%という高濃度の乳酸を配合、表皮層の深い部分に効果を発揮します。
    肌の表面の細胞を壊すことなく、メラニン色素に直接作用します。
  3. RsP3(表皮浅層)
    ヒドロキシ酸とフィチン酸のピーリング剤で、表皮の浅い部分をターゲットにしています。皮膚表面のピーリングを行い、コウジ酸の美白作用をより届きやすくします。

施術の流れ

  1. メイクを落とします。
  2. RsP1薬剤を塗布し、薬液を拭き取ります。
  3. RsP2薬剤を塗布し、1~5分程度時間をおきます。(強い灼熱感や赤みが出現したら、すぐに④を行います)
  4. 中和剤を塗布し、痛みが軽減したら水で拭き取ります。
  5. RsP3薬剤を塗布し、1~5分程度おきます。(強い灼熱感や赤みが出現したら、すぐに⑥を行います)
  6. 中和剤を塗布し、痛みが軽減したら水で拭き取ります。
  7. リバースセラムを塗布して終了です。

治療について

  • 2週間から1カ月に1回程度の間隔で行います。
  • 5回で1クールとなりますが、詳しい施術回数については、担当医にご相談ください。
  • 早い方で1回で効果を実感される場合がありますが、多くの方は3回目以降で色が薄くなったり、面積が小さくなったりといった変化を感じられるようです。
  • 多くの方は、ダウンタイムが無く、施術後は日焼け止めを塗布し、普段のメイクでお帰りいただくことができます。
  • 稀に、施術中にピーリング特有のヒリヒリ感を感じることがありますが、放置する時間を短くすることで、痛みを最小限に抑えることが可能です。また、敏感なお肌の方は、当時に赤みが若干残る場合がありますが、赤みはほとんどの場合、数時間~3日程度で消失します。
  • 皮がむけることがありますが、無理にはがさずに保湿をしっかりと行ってください。
  • ホームケアとして、リバースセラムをお使い頂くことをおすすめします。

料金

  • 肝斑の部位
    16,500円
  • コラーゲンピール全顔とセットで行う場合
    22,000円
  • リバースセラム(ホームケア)
    11,000円

リバースピールが受けられない方

  • 炎症のある皮膚
  • ヘルペス
  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 妊婦及び授乳婦

注意が必要な方

  • トレチノイン使用中であれば、2週間前に中止
  • アートメイクは薄くなる可能性があります。

皮膚科へ戻る