総合リハビリテーション部
障害者施設等一般病棟部門

概要

当院の障害者施設等一般病棟は、パーキンソン病や脊髄小脳変性症に代表される神経難病や重度の障がいをお持ちの患者さんを対象に、身体機能や日常生活活動の維持・改善とQOL(生活の質)向上、在宅生活の延伸を主な目的としてリハビリテーションを展開しています。
これらの他に、生きがい作りや仲間作り、社会活動に繋がる活動も重要と考えています。慢性疾患で徐々に障害が重度化していく方々に、私たちがお手伝いできることは何か?を常に考え、患者さんお一人おひとりのリハに取り組んでいます。

リハビリ紹介

パーキンソン病のリハビリテーション

パーキンソン病などの神経変性疾患では、薬物の調整とリハビリテーションが身体機能と生活を支える鍵です。退院後外来通院をしながら薬物の調整を継続し、在宅生活を延伸して頂くために、身体機能のリハだけでなく、福祉用具や住宅環境調整に対する高度な知識を持ったスタッフが様々なサポートを行います。また、在宅療養者を支援する定期的な友の会活動(楽友会・パーキンソン友の会・熊本県P.E.P)にもスタッフを派遣しています。

摂食嚥下障害や言葉のリハビリテーション

パーキンソン病など、神経難病では発話が不明瞭になったり、摂食嚥下障害(飲み込みの障害)を合併することが多くみられます。発話に対しては、口唇(くちびる)や舌の運動、発声や発音の練習など話すことのリハビリを行います。
摂食嚥下障害については、嚥下造影検査や内視鏡検査などで詳しく病気を調べて、どのようにすれば安全に食べ続けることができるか検討します。
また、栄養サポートチームと連携し、十分な栄養管理を行い、リハビリがより効果的に進むよう努めます。