総合リハビリテーション部 一般病棟部門

概要

一般病棟は、病気やケガにより早期の治療が必要となった方が入院される病棟です。当院では整形外科、脳神経内科、循環器科、形成外科の専門的な治療のために入院されます。
総合リハビリテーション部では、骨折や指の切断などの整形外科疾患、脳卒中やパーキンソン病などの脳神経内科疾患、虚血性心疾患などの循環器科疾患、褥瘡や皮膚瘢痕などの形成外科疾患の患者さんに対し、早期のリハビリテーションを行っています。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士がそれぞれ専門的な知識や技術を用いながら、患者さんの社会復帰に向け治療に取り組んでいます。

リハビリ紹介

急性期リハ(整形外科)

ケガによる骨折や関節障害による人工関節全置換術、脊柱の圧迫骨折などの患者さんに対して早期よりリハが開始されます。安静による心身の機能低下(廃用症候群)を防止するため、手術前よりリハを行い、さらには一日も早く受傷前の生活に戻ることができるよう支援いたします。

急性期リハ(脳血管障害)

脳出血や脳梗塞により身体の機能が障害された患者さんに対し、発症直後からリハを行います。飲み込みの障害がある場合は、誤嚥性肺炎(食物が肺に入り炎症を起こす)を防止するため言語聴覚士や歯科衛生士が協力し、口腔ケアや嚥下訓練を実施します。

アスレティック・リハ

スポーツ外傷・障害に対するリハは患部だけでなく、その障害が起こった原因の究明と予防が重要です。そのためには、身体全体のアライメント(姿勢の状態など)や実際の動作を診ながら安全なスポーツ復帰が出来るよう支援します。

循環器リハ

心疾患は三大生活習慣病の1つです。食習慣や喫煙などで増加の傾向にあります。リハでは心臓リハ指導士の資格を有する理学療法士が患者さん個々の生活に必要な心肺機能を評価し、再発を防止しながら安全に生活が送れるよう支援いたします。また生活習慣の改善に向けたお手伝いも致します。

ハンドセラピー(手の外科)

外傷や病気による指の切断や麻痺に対して、手の外科専門の医師と連携し、再び日常生活で不自由なく手を使うことが出来るよう作業療法士が支援いたします。