総合リハビリテーション部
地域包括ケア病棟部門

概要

当院の地域包括ケア病棟は、病気やケガの急性期治療が終わった方が、早期の在宅復帰を果たすため集中的なリハビリテーションを行う病棟です。
対象となる方は、上肢や肩腱板の損傷、下肢や脊椎の疾患などの患者さんです。それぞれ疾患や障害に合わせて専門スタッフが在宅復帰に向けた治療を行います。また在宅復帰が円滑に進むよう、関係機関と連携をとりながら支援いたします。

リハビリ紹介

機能的障害に対するリハ

病期やケガによる身体の機能障害に対し、その機能を改善するためのリハを専門スタッフが行います。また機能を補助するために種々の装具や福祉用具も活用します。

日常生活活動練習

在宅復帰後、日常生活活動に支障が起きないよう在宅生活に合わせた身の周り動作の練習を行います。また必要に応じて調理動作など生活関連動作の練習も行います。

退院前訪問

在宅生活が快適に送ることが出来るよう、自宅環境の調査や動作のチェック、手すりや段差解消など環境整備のプラン立案などを行います。介護保険を利用される方は介護支援専門員と連携をとりながら介護サービス利用の計画を立てます。