あなたの診療情報を利用させていただく研究

診療に伴って取得した患者さんの個人情報として、記録や尿・血液などの検査試料、生検組織(内視鏡検査で検査のために採取した組織等)、または摘出組織等の試料が発生します。

当法人では、これらの個人情報を医療機関としてだけでなく研究機関として、所定の目的に利用させていただきたいと考えております。 個人情報は、各種法令に基づいた院内規定を守ったうえで利用されますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

以下の表に示している当法人の臨床研究は「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて審査されたのちに実施されています。 利用目的の中に同意しがたいものがある場合は、当法人へお問い合わせください。 特段のお申し出がない場合は、上記の利用目的のために患者さんの個人情報を利用することに対して同意が得られたものとさせていただきます。

お問い合わせは各研究責任者へお申し出ください。

  • 詳細をクリックすると、情報公開文書を御覧いただくことができます。
  • 個人情報に関する内容は、各研究機関の「問い合わせ先」へお問い合わせください
研究課題名 対象となる方 研究責任者 承認番号 詳細
人工膝関節置換術の術後疼痛に対するNSAIDsと少量トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠併用療法の有効性および安全性 2014年6月1日~2015年3月31日の期間に熊本機能病院に入院し、人工膝関節置換術を受けた患者さんで、カクテル療法が行われた方 熊本機能病院
薬剤部

森﨑 崇文
JMC226-
1702
訪問看護ステーション清雅苑訪問リハビリテーション利用者の栄養状態の変化とその要因の検討 2015年4月1日から2017年3月31日の間に訪問看護ステーション清雅苑の訪問リハビリテーションを利用された65歳以上の方 訪問看護ステーション清雅苑
田辺 龍太
JMC225-
1701
当院の地域包括ケア病棟に入棟した後期高齢下肢疾患患者に対する身体機能評価と移動能力の関連性 当院の地域包括ケア病棟に2016年10月1日から2017年5月31日の期間中に入棟し理学療法を実施した75歳以上の下肢疾患患者のうち、入院前に実生活の中で何らかの手段で自立歩行が行えていた方 熊本機能病院
総合リハビリテーション部

浅香雄太
JMC208-
1616
骨脆弱性骨折患者における骨粗鬆症治療薬の使用実態調査 熊本機能病院に2013年4月1日から2017年3月31日の期間中に入院し、骨粗鬆症が原因となる骨折で入院となった患者さん 熊本機能病院
薬剤部

森﨑崇文
JMC219-
1629
神経筋疾患患者における深部静脈血栓症の実態と予後について 2016年10月1日から2017年12月31日に当院神経内科・
リハビリテーション科に入院した外傷・脳血管障害を除く神経筋疾患患者さんで、臨床症候や既往歴から深部静脈血栓症の合併が疑われ下肢静脈エコーを実施した患者さん。
熊本機能病院
神経内科

本田省二
JMC211-
1619
研究課題名 対象となる方 研究責任者 承認番号 詳細
熊本地震発生後の急性脳・心血管疾患発生数と予後に関する研究 熊本地震後、2018年12月31日までに急性発症した入院加療を要する脳・心血管系疾患の発症例または同疾患によると考えられる死亡例全例 熊本機能病院
循環器内科

水野雄二
JMC204-
1611
虚血性心疾患とアルコール耐容能の関連に関する研究 2013年6月1日~2017年12月31日までに、当院において虚血性心疾患、冠動脈攣縮に加え、特に心筋梗塞の既往があり、本研究に同意していただいた患者さん。 循環器内科
水野雄二
JMC128-
1505