診療科

麻酔科

診療科案内

手術は、患者さんに痛みや出血などのストレスを与えるものです。麻酔で痛みを感じないようにして手術を行いますが、麻酔自身もストレスとなります。これらの非日常的なストレスの身体への影響を最小限にするため、患者さんの全身状態をできるだけ日常に近く維持し、手術後の回復をよりよくすることが麻酔科医の役割です。

麻酔科医の仕事は、手術中に患者さんを無痛の状態にしたり、眠らせたりするだけではありません。安全・安心な麻酔、順調な回復のため、患者さんの入院前から手術終了後病室に帰ったあとまで、麻酔科医は役目を果たしています。

患者さんの入院前には、麻酔科医は外来での問診や検査の結果(血液、心電図、心臓超音波、肺機能、胸部X線写真など)や持病の治療薬などをあらかじめチェックします。必要がある場合は、再度来院していただき、追加の検査や治療を受けていただくこともあります。

患者さんが入院した後、麻酔前の診察を行います。麻酔法を決定し、人工呼吸のための気道、飲食制限、服薬、手術後の痛み対策、患者さんごとに異なる麻酔管理上の問題点などに関する説明を行い、患者さんから同意をいただきます。麻酔法については、患者さんの全身状態を十分に考慮した上で、最大限患者さんの希望に沿った選択ができるようにしています。

患者さんが手術室に入室すると、麻酔科医は退室するまでそばを離れません。呼吸、循環、神経、体液、代謝、体温などの生体情報をモニターし、それらの情報をもとに患者さんの状況を判断し、薬剤投与や人工呼吸、輸液・輸血などの医療行為を行います。適切な麻酔管理によって、患者さんを安定した全身状態にコントロールすることをめざします。

手術後には、麻酔を担当した医師は患者さんを訪問します。患者さんの状態と麻酔に関連する合併症や問題点の有無をチェックするとともに、必要に応じて処置を行います。

また、手術の麻酔で培った技術を用いて、手術以外の入院患者さんの痛みや交感神経系の緊張を軽減する治療(脊椎疾患に伴う痛みやしびれに対する硬膜外ブロックなど)も行います。

当院は日本麻酔科学会認定の麻酔科認定病院です.当院の麻酔科医は,厚生労働省が許可する麻酔科標榜医であり、日本麻酔科学会認定の麻酔科指導医です。

診療科の特徴・実績をみる

実績

麻酔科

年度/月 手術 麻酔科管理 全身麻酔 全身麻酔
+区域麻酔
区域麻酔 硬膜外
ブロック
23年度 3292 2375(72%) 2050 284 10 31
24年度 3522 2535(72%) 2227 278 18 12
25年度 3494 2498(71%) 2185 285 9 19
26年度 3250 2386(73%) 2284 93 9 5
27年度 3227 2509(78%) 2502 2 5 1
28年度 3221 2440(76%) 2432 0 8 2
29年度 3220 2435(76%) 2430 0 5 2

論文/学会・研究会など


遂行中の研究課題

  1. 術前評価と患者予後
  2. 炭水化物含有補水食の胃内停滞時間にとろみ剤が与える影響
  3. 全身麻酔後に発生する開口制限

学会発表、講演

  1. 今泉隆志、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.側臥位または腹臥位での麻酔導入と気道確保から学んだこと.第113回熊本麻酔学会.1月、2007
  2. 今泉隆志、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.麻酔導入とlaryngeal mask airway挿入を側臥位または腹臥位で行う有用性.日本麻酔科学会第54回学術集会 5月、2007
  3. 矢野敏之 Laryngeal mask airwayのカフ内圧は体位により変動する.日本臨床麻酔学会第27回大会.10月、2007
  4. 中山良輔、矢野敏之、今泉隆志、釆田千穂、川本和彦.体動で誘発される術後悪心嘔吐.日本麻酔科学会第55回学術集会.6月、2008
  5. 今泉隆志 臨床工学技士に必要な麻酔の知識.平成20年度熊本県臨床工学技士会第1回生涯教育研究会.7月、2008
  6. 川本和彦、中山良輔、今泉隆志、釆田千穂、矢野敏之.高齢者の周術期管理におけるbrain natriuretic peptide測定の意義.九州麻酔科学会第46回大会.9月、2008
  7. 矢野敏之.側臥位ではLaryngeal Mask Airwayのシール機能が仰臥位より低下する.日本臨床麻酔学会第28回大会.11月、2008
  8. 矢野敏之、中山良輔、今泉隆志、釆田千穂、川本和彦.側臥位におけるlaryngeal mask airwayの気道シール機能:Flexible vs ProSeal.日本麻酔科学会第56回学術集会.8月、2009
  9. 今泉隆志、川本和彦、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.JSA麻酔台帳を利用する手術部位感染サーベイランス.日本麻酔科学会第56回学術集会.8月、2009
  10. 矢野敏之.Laryngeal mask airwayのtips.熊本大学医学部麻酔科学教室第28回後期研修医セミナー.11月、2009
  11. 今泉隆志、山本美紀、松本健吾.人工関節手術におけるSSIサーベイランスの意義.第25回環境感染学会総会.3月、2010
  12. 釆田千穂、川本和彦、今泉隆志、中山良輔、矢野敏之.病院医療情報システムを利用して登録された周術期麻酔合併症・偶発症データの検討.日本麻酔科学会第57回学術集会.6月、2010
  13. 矢野敏之.ラリンジアルマスクの気道シール圧におよぼすバイトブロックの影響.九州麻酔科学会第48回大会.9月,2010
  14. 川本和彦、中山良輔、今泉隆志、釆田千穂、矢野敏之.レミフェンタニルとプロポフォールのみで行う気管挿管.第121回熊本麻酔学会.1月、2011
  15. 中山良輔、川本和彦、釆田千穂、今泉隆志、矢野敏之.高齢の大腿骨頸部骨折手術患者の術後せん妄と作業療法士が評価した術前認知機能との関連.第121回熊本麻酔学会.1月、2011
  16. 今泉隆志、川本和彦、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.全身麻酔導入時の鼻咽頭閉塞と加齢との関連.日本麻酔科学会第58回学術集会.5月、2011
  17. 川本和彦、釆田千穂、今泉隆志、中山良輔、矢野敏之.筋弛緩薬を使用しない全静脈麻酔による気管挿管に伴う咳の発生率とレミフェンタニル予測効果部位濃度との関連.九州麻酔科学会第49回大会.9月、2011
  18. 矢野敏之.整形外科手術の貸し出し器械:麻酔科医の立場から.第234回熊本県滅菌消毒法講座.12月、2011
  19. 小浦恵、松本歩、西川優美子、釆田千穂.手術室クリニカルパスの現状と今後の課題.第14回日本医療マネジメント学会熊本県支部学術集会.3月、2012
  20. 今泉隆志、川本和彦、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.気管挿管困難を伴う羊膜破裂シーケンス患児の麻酔経験.九州麻酔科学会第50回大会.9月、2012
  21. 矢野敏之、今泉隆志、釆田千穂、中山良輔、川本和彦.レミフェンタニル麻酔中に発生する突然の換気困難の実態調査:発生率、対処法、生理学的指標の変化.日本麻酔科学会第60回学術集会.5月、2013
  22. 中山良輔、今泉隆志、采田千穂、川本和彦、矢野敏之.初めての劇症型悪性高熱症例経験とそれに関連する諸事情の紹介.第127回 熊本麻酔学会.1月、2014
  23. 釆田千穂、川本和彦、今泉隆志、中山良輔、矢野敏之.リドカイン皮下注後に発生し、特徴的な広がり方を呈した皮疹の経験.第127回 熊本麻酔学会.1月、2014
  24. 今泉隆志、川本和彦、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.全身麻酔導入時の総義歯装着が鼻咽頭閉塞に与える影響.日本麻酔科学会第61回学術集会.5月、2014
  25. 今泉隆志.感染対策と地域連携.平成26年度 JCOA研修会(病院部会)シンポジウム「私たちはこうしています」院内各種委員会の課題と克服.2月、2015
  26. 釆田千穂、川本和彦、今泉隆志、中山良輔、矢野敏之.全身麻酔下人工関節置換術後の早期固形食摂取再開はPONV発生を助長しない.日本麻酔科学会第62回学術集会.5月、2015
  27. 川本和彦、今泉隆志、釆田千穂、中山良輔、矢野敏之.TIVA導入におけるレミフェンタニル効果部位濃度と開口量との関係.日本麻酔科学会第63回学術集会.5月、2016
  28. 中山良輔、山田聡美.輸血に関する医療事故情報の分析:不適合輸血に焦点をあてて.日本輸血・細胞治療学会第65回総会.6月、2017
  29. 釆田千穂、川本和彦、今泉隆志、中山良輔、矢野敏之.上腕骨骨折固定術後に発症した片側反回神経および舌下神経の同時麻痺.九州麻酔科学会第55回大会.9月、2017
  30. 中山良輔.熊本機能病院 輸血管理業務 ―14年間の変遷―:平成15年度~平成28年度.第9回熊本県合同輸血療法委員会.10月、2017

掲載論文

  1. Takashi Imaizumi, Toshiyuki Yano. Avoiding failure in the checkout of anesthesia apparatus prior to use. Journal of Anesthesia 2008;22:193-4
  2. Toshiyuki Yano, Takashi Imaizumi, Chiho Uneda, Ryosuke Nakayama. Lower intracuff pressure of laryngeal mask airway in the lateral and prone positions compared with that in the supine position. Journal of Anesthesia 2008;22:312-6
  3. 石川愛、松本孝志、松井こずえ、釆田千穂、中根惟武、手術室クリニカルパスによる他職種の連携について、Hip Joint(日本股関節学会誌)2008;34:23-6
  4. Sumi Otomo, Michiko Sugita, Toshiyuki Yano. Visual hallucinations on eye closure after orthopedic surgery under general anesthesia. Journal of Anesthesia 2008;22:439-42
  5. Toshiyuki Yano. Kinking of the flexible laryngeal mask airway in the pharynx. Journal of Anesthesia 2010;24:658-9
  6. 矢野敏之.側臥位がラリンジアルマスクの気道シールに及ぼす影響:プロシールとフレキシブルとの比較.日本臨床麻酔学会誌 2011;31:972~79
  7. 今泉隆志、矢野敏之.全身麻酔下大腿骨人工骨頭置換術の抜管直後に発現した舌腫脹.麻酔 2015;64:1087-90
  8. 川本和彦、矢野敏之、中山良輔、今泉隆志、采田千穂.高齢者の整形外科周術期管理における脳性ナトリウム利尿ペプチド測定の意義.臨床麻酔 2018;42:565-70

麻酔科の医師紹介

副院長・麻酔科標榜医

矢野 敏之(やの としゆき)

麻酔科

全静脈麻酔、気道管理、困難気道対策、麻酔中の意識レベル管理、術後嘔気嘔吐対策、脳虚血と内在性神経幹細胞、肺傷害修復機序と成長因子、心筋細胞内イオン動態と不整脈

日本麻酔科学会

日本麻酔科学会[指導医]

部長・麻酔科標榜医

今泉 隆志(いまいずみ たかし)

麻酔科

高齢者気道確保のメカニズム、小児気道確保困難対策、完全静脈麻酔、周術期合併症の予測因子、感染対策、発生学

日本麻酔科学会
日本環境感染学会

日本麻酔科学会[指導医]

部長・麻酔科標榜医

釆田 千穂(うねだ ちほ)

麻酔科

周術期合併症・偶発症、クリニカルパス

日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会

日本麻酔科学会[指導医]

部長・麻酔科標榜医

中山 良輔(なかやま りょうすけ)

麻酔科

老年麻酔、輸血、緩和医療

日本麻酔科学会
日本輸血細胞治療学会
日本緩和医療学会

日本麻酔科学会[指導医]

部長・麻酔科標榜医

川本 和彦(かわもと かずひこ)

麻酔科

麻酔偶発・合併症、困難気道管理、医療機器安全管理

日本麻酔科学会

日本麻酔科学会[指導医]