地域連携 画像診断センター

CTのご紹介

マルチスライスCTの登場により、高速高分解能撮影が可能となりました。64列マルチスライスCTでは動きの激しい心臓さえも撮影が可能です。
当センターでは、Aquilion64(東芝)を導入しました。
体幹部のみならず心臓を対象としたCT撮影が可能であり、冠動脈疾患の精査やスクリーニングに侵襲性の低いCT血管撮影を行っています。

イメージギャラリー

冠動脈CTA volume rendering

心臓の3D画像表示で、冠動脈を様々な角度から立体的に観察することが可能です。

冠動脈CTA volume rendering

冠動脈内腔を観察することができます。
プラークの評価や血管狭窄率の計測などに利用できます。

ステム・ビュー

金属アーチファクトを消去することで、人工骨頭の留置状況が視覚的にわかりやすく表示できます。骨頭置換術後の観察に効果的です。

脳血管CTA

脳血管を観察することができます。脳動脈瘤も明瞭に描出することが可能です。

CT撮影が望ましい症例

  • 胸部異常陰影の精査
  • 頭部、躯幹部のスクリーニング
  • 骨病変
  • 腹部実質臓器疾患のダイナミック撮影
  • CT血管撮影
  • 中耳、内耳の疾患
  • 呼吸停止が難しい患者、体動抑制できない患者
  • MRIの撮影が難しい患者