医学検査部

臨床検査課

概要

臨床検査課では、患者さんから採取した血液・尿・便・髄液・喀痰・組織などの材料(検体)の成分を分析し、そのデータを提供することによって病気やケガの診断を補助しています。
また、輸血が安全に行われるための輸血検査全般も実施しています。
24時間・365日稼働し続けている救急センターからの検査依頼にも対応できる体制を整えているほか、併設施設である熊本健康・体力づくりセンターからのフォローアップ検査も受け付けています。
院内で行われる勉強会や講演会などでは、検査に関するお話をさせていただくなど、知識や技術の共有、レベルアップに努めています。

当院は、一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会から
「精度保証施設」として認証を受けています。

「精度保証施設認証」とは、当院が提供する臨床検査のデータが「標準化され、かつ、精度が十分保証されていると評価できる施設」であると認証されたものです。

各種自動分析装置

病棟や外来などで採取された検体は検査室内で検査を行っています。
尿検査・凝固機能検査・血液検査・生化学検査(肝機能検査や糖尿病検査・腎機能検査・脂質症検査など)・感染症・腫瘍マーカー・ホルモン検査(BNPや甲状腺ホルモン)などは自動分析装置にて測定後、グラム染 色や血液像・尿沈渣は顕微鏡検後、検査室から随時電子カルテに送信しています。

尿自動分析装置

尿自動分析装置

凝固機能自動分析装置

凝固機能自動分析装置

血液自動分析装置

液自動分析装置

生化学自動分析装置

生化学自動分析装置

免疫自動分析装置

免疫自動分析装置

BNP 測定装置

BNP 測定装置

輸血管理室

輸血管理室では、認定輸血臨床検査技師を中心に、臨床検査技師が輸血検査と共に、輸血用血液製剤や手術前に事前に貯血された自己血の保管・管理を行っています。