病院のご紹介

令和2年度 熊本機能病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 169 178 101 129 162 316 511 663 605 251
当院では60代以上が年間患者数の全体の65.8%以上となっています。
これは脳卒中のリハビリや変形性関節症の手術適応者が多いためです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 290 33.51 23.36 0.69 72.62
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 204 29.65 21.03 0.49 66.89
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 133 10.53 7.04 0.75 54.79
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 113 66.43 25.09 15.93 83.25
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 72 41.75 18.81 1.39 78.83
当院の整形外科では変形性関節症や大腿骨頚部骨折による人工関節置換術や大腿骨骨折観血的手術が多く、
その他、外傷によるによる前腕、肘、膝の疾患、圧迫骨折が上位を占めています。変形性膝関節症の平均年齢は72.62歳、股関節骨頭壊死の平均年齢は66.89歳です
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 64 44.50 18.81 6.25 79.91
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 49 43.73 25.09 22.45 84.12
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 15 53.73 19.06 6.67 74.47
070343xx99x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 12 33.92 13.34 16.67 71.92
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 10 25.00 13.00 10.00 85.80
救急では高齢者の圧迫骨折や、大腿骨頚部骨折、脊柱管狭窄症、尿路感染症が多くなっています。
圧迫骨折の平均年齢は79.91歳、大腿骨頚部骨折の平均年齢は84.12歳、骨盤損傷の平均年齢は74.47歳、脊柱管狭窄症の平均年齢は71.92歳、尿路感染症の平均年齢は85.80歳です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 93 9.75 9.33 0.00 9.90
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 39 4.74 4.06 0.00 41.72
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 23 8.13 7.62 0.00 1.30
140210xx02xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 副耳(介)切除術 23 3.00 3.06 0.00 0.70
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 9.60 7.71 0.00 87.20
当院では、口唇口蓋裂や手足の先天性疾患、先天性耳瘻孔が、大多数を占めています。また、皮膚皮下腫瘍の摘出術が上位を占めています。
口唇口蓋裂の平均年齢は9.90歳、皮膚皮下腫瘍摘出術(良性)の平均年齢は41.72歳となっています。その他、先天性の小児疾患は乳幼児が多くを占めています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 66 23.74 17.23 9.09 85.74
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 54 5.11 3.07 1.85 67.06
050080xx9900xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 26.07 12.13 6.67 76.13
050050xx9900xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 11 14.55 7.15 0.00 72.00
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 10 21.00 14.70 10.00 77.10
循環器内科では、心不全、狭心症が大多数を占めその他、不整脈、弁膜症を中心に幅広い患者層になっています。心不全の平均年齢は85.74歳、狭心症では67.06歳となっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 6.36 4.94 0.00 64.73
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 143.00 18.20 0.00 72.45
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 10 31.70 20.51 10.00 86.70
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 24.08 - -
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし - - 18.81 - -
脳神経内科では、高齢者の方が多く、脳卒中、パーキンソン病などの難病、誤嚥性肺炎が上位を占めています。圧迫骨折も上位となっています。
脳卒中の平均年齢は64.73歳、パーキンソン病などの難病の平均年齢は72.45歳、誤嚥性肺炎の平均年齢は86.70歳となっています。
脳梗塞による患者さんの多くが地域連携による他急性期病院からの回復期リハビリテーション病棟での受け入れになっています。
脳梗塞や脳出血に伴う足部変形の場合は、一般病棟で手術をおこないます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 42 13.79 10.27 0.00 38.90
010160xx97x00x パーキンソン病 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.32 - -
010280xxxxx0xx ジストニー、筋無力症 手術・処置等2 なし - - 11.12 - -
160870xx99x00x 頸椎頸髄損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.56 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.18 - -
脳神経外科では脳脊髄液漏出症に対する入院治療が上位を占めています。平均年齢は38.90歳です。
また、パーキンソン病に対する脳刺激装置を埋め込む手術を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 47 3.13 2.74 2.13 67.74
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 13.62 - -
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.13 - -
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 17.53 - -
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.05 - -
心臓血管外科では、主に下肢静脈瘤に対する手術を中心に、循環器内科と連携して診断治療を行っています。
下肢静脈瘤手術等の平均年齢は67.74歳です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - 1
大腸癌 - - 1 8
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 13 29.69 85.31
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎の中等度の患者は平均在院日数29.69日、平均年齢が85.31歳以上と高齢になっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 35.92 73.38 8.70
その他 10 52.40 77.60 8.70
脳梗塞の患者さんは、発症から3日以内であれば、平均在院日数が35.92日、平均年齢73.38歳となっています。
発症から3日以上を超える入院となると、平均在院日数が52.40日、平均年齢77.60歳となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 497 1.83 29.39 0.40 70.35
K068-2 関節鏡下半月板切除術 134 1.49 7.81 0.75 55.25
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 112 2.73 25.78 0.00 55.30
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 109 10.77 53.24 9.17 78.53
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 57 1.05 4.32 0.00 42.75
人工関節置換術497件、その他関節鏡下による半月板切除術や大腿骨頚部骨折を含む大腿の骨折観血的手術、前腕骨折などの外傷に対する手術が上位を占めています。
人工関節置換術(膝)の平均年齢は70.35歳です。
また、手術後の骨内異物除去術を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4262 口唇裂形成手術(片側)(口唇裂鼻形成を伴う) 33 1.00 7.09 0.00 15.70
K288 副耳(介)切除術 23 1.00 1.00 0.00 0.70
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶ) 19 1.00 8.42 0.00 6.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 等 15 0.93 2.53 0.00 44.93
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 14 1.00 7.07 0.00 0.93
先天性疾患である、口唇口蓋列手術、副耳切除術、顎口蓋裂形成手術、皮膚皮下腫瘍摘出術、多指症手術を多く行っています。
口唇口唇裂手術の平均年齢は15.70歳、副耳切除術の平均年齢は0.70歳、顎・口蓋裂形成手術の平均年齢は6歳、
皮膚皮下腫瘍摘出の平均年齢44.93歳、多指症の平均年齢は0.93歳です。
救急医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 35 2.34 41.17 25.71 81.57
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 18 5.00 46.00 11.11 86.06
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 17 4.47 25.18 5.88 54.76
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 - - - - -
救急では幅広い外傷に対応していて、その中でも大腿骨の骨折観血的手術が多くなっています。骨折観血的手術(大腿)の平均年齢は81.57歳、人工骨頭挿入術(股)の平均年齢は86.06歳となっています。
下腿の骨折観血的手術の平均年齢は54.76歳です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 41 0.98 1.05 4.88 67.15
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -
K6146 血管移植術、バイパス移植術(膝窩動脈) - - - - -
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -
K0821 人工関節置換術(膝) - - - - -
下肢静脈瘤手術がそのほとんどを占めています。平均年齢は67.15歳となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K181-2 脳刺激装置交換術 12 1.17 5.75 0.00 66.42
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
脳刺激装置交換術が多くを占めています。次に脳血管内手術、頭蓋内血腫除去術、頭蓋内腫瘍摘出術を行っています。その他様々な手術を行っています。脳刺激装置交換術の平均年齢は66.42歳です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 0.88
異なる - -
手術・処置等の合併症では症例数27件、発生率0.88です。
更新履歴