スタッフブログ

こんにちは、広報スタッフです。
今年は桜も長く楽しむことができ、春の花を巡るミツバチも楽しそうですね。

そんなミツバチたちの巣からできた「蜜蝋」を使って描く「蜜蝋画」のワークショップを行います。
(ミツバチさんありがとう♪)


絵が苦手な方でも大丈夫! 偶然性のあるアートなので、こんな感じの絵が出来上がりますよ♪

 

講師はなんと!
熊本の方はテレビでおなじみ。グラフィックアーティストの松永壮さん!
テレビで楽しいお話をされてる方だけでなく、実は・・・熊本中で見かける様々なロゴグラフィックを手がけておられます。
作品を拝見させていただくと、えっあれも?!これも!であらためてビックリ!
まさに熊本を代表するグラフィックデザイナーさんです。

今回は、松永さんご指導の下、皆さんお一人お一人の作品を制作します。
先着20名の募集となります!費用も無料!手ぶらでご参加いただくだけ!!!

どうぞ皆さんお気軽にお申し込みください♪

松永壮×熊本機能病院 蜜蝋画アートワークショップ 詳しくはこちら

日時:平成30年4月21日 土曜日 13時30分~15時

場所:熊本機能病院 地域交流館 市民塾ホール

費用:無料

定員:20名   申し込みが必要です。先着順とさせていただきます。

お申し込みは 096-345-8111 熊本機能病院 地域交流館まで

 
当院副院長(循環器内科)の水野雄二医師が日本循環器学会の発行する英文雑誌「Circulation Journal」に掲載された論文から選出されるCirculation Journal Awards 2017において Clinical部門 最優秀賞を受賞しました。


タイトル:「Variant Aldehyde Dehydrogenase 2 (ALDH2*2 in East Asians Interactively ExacerbatesTobacco Smoking Risk for Coronary Spasm ― Possible Role of Reactive Aldehydes ―」

*近日中に、内容について簡単な説明を掲載予定です。

これからも研究に取り組み、専門性の高い治療を患者さんに提供してまいります。

 
こんにちは、広報スタッフです。
併設保育園の「なないろ森の保育園」では、地域にお住まいの皆さんが楽しく参加できる子育てサークル活動を行っています。

その名も「なないろフレンズ」!


4月からもいろいろな計画を立てております。スケジュールはこちら! (PDFデータ)

未就学児のお子さんならどなたでもご参加いただけます。どうぞお気軽にご参加ください!


活動内容はこちらをご覧ください(過去ブログより)→ https://www.juryo.or.jp/blog/4599/

 
こんにちは、広報スタッフです。
院内にある桜のつぼみがどんどんふくらんでいます!いよいよ春ですね♪

久々のブログ更新となってしまいましたが、今日は3/14!
バレンタインの特別メニューから早一ヶ月です・・・。

今日の特別メニューは「熊本県産人参100%の人参ポタージュ」
「スチームロースト(無水調理)」で人参のおいしさが丸ごととけ込んでいます。
と説明を受けましたが、きっと私が「へぇ~」くらいの表情だったんでしょう・・・。
スプーンが出てきました(^^)

一口いただきましたが、本当に美味しい!甘くて濃厚なポタージュで確かに人参を感じます。

ポタージュはレストラン勤務の経験もある田中シェフの力作。
使用した人参は20キロ。まさに力も必要だったかも(^^;)

田中シェフからご入院中の女性だけでなく、すべての入院患者さんに心のこもったプレゼントでした!
こんにちは、広報スタッフです。
三寒四温。春に向かって季節が進んでいるようですね♪
今日は幾分暖かいです。

さて、今日は2/14!バレンタインの特別メニューをご紹介します。
手ごねの煮込みハンバーグにチョコレートも付いて、付け合わせのニンジンもハート型!!
なんとも愛が溢れるメニューになっています(^^)




しかも、このチョコレート、なんと手作りなんです!
味見させていただきましたが、口に入れた瞬間、とろけて何とも幸せなキモチになりました。

栄養部スタッフの愛が、皆さんの一日も早いご快復につながりますように・・・
こんにちは、広報スタッフです。

年明け早々、嬉しい報告がありました♪

食の営みのよろこびの中、自己実現を求め、健やかによりよくともに生きるという人びとの願いに応えることを目的に活動している日本栄養士会で発行されている「日本栄養士会雑誌」。

全国の管理栄養士さん、栄養士さんが読まれているこの本に、当院、栄養部の友利聖美管理栄養士の取り組みが、紹介されました!

 

日本栄養士会雑誌 2018 1月 Vol.61 22~23ページ
管理栄養士の活動最前線 (病院)
 「回復期リハビリテーション病棟におけるチームでの再骨折予防の取り組み」

●年々増加傾向にある「骨粗鬆症」

骨粗鬆症による骨折(骨脆弱性骨折)は、年々増えており、また繰り返し再発する恐れがあります。

当院でも大腿骨の骨折などで入院中の患者さんには、繰り返し骨折をされている方が、多くおられます。そういった方々が入院されている「回復期リハビリテーション病棟」で骨粗鬆症治療のためにチームが活動しています。

●骨粗鬆症治療のチーム「OLS」

当院で平成27年4月に整形外科医師を中心として、OLSチーム(Osteoporosis Liaison Service)が発足しました。OLSとは骨粗鬆症治療のために、医師の他にも他職種で連携を取り合って包括的に患者さんのサポートを行うことです。

また、OLS活動の中心となるのは、骨粗鬆症マネージャーです。日本骨粗鬆症学会が認定する専門スタッフで、国家資格を持った方が所定の研修単位を取得なければなりません。

友利管理栄養士をはじめ、当院には骨粗鬆症マネージャーを取得した薬剤師、看護師、理学療法士が活動しています。

 

掲載誌にはチーム活動の内容や調査の結果など、専門的な内容も掲載されていました。
院内には他にも多職種で構成されたチームが活動しています。今年も患者さんの一日も早い回復を願い、職員一同取り組んでまいります!

 
こんにちは、広報スタッフです。

肥野園長が子どもたちの様子を伝えてくれる「なないろ森の園便り」

今年最後の発行となりました。
成長著しい子供たち。できることがどんどん増えているようですね。先日のクリスマス会の様子も掲載されていますよ。

>>なないろ森の園便りはこちら