スタッフブログ

美味し化プロジェクト

こんにちは、広報スタッフです!
日中は、ぽかぽかとしてまさに行楽の秋!ですが、今年は運動会も中止や縮小で少し寂しいですね。

例年、当院では入院中の患者さんにも行楽気分を楽しんでもらおうと、「体育の日」にお弁当形式で昼食を提供しています。
しかし今年は「体育の日」が「スポーツの日」として7月に移動。絶好の行楽日和なのに行事食を出すタイミングがない・・・。

でも、そこであきらめる栄養部ではありませんでした(笑)
今年もちゃんと「行楽弁当」が登場!
昼食時間に突然届いたお弁当は患者さんにプチサプライズとなった模様です。

入院中にこれが届くと確かにびっくりするかもしれませんね~。

ふたを開けると・・・うわぁ~目移りします~♪

お品書きもしっかり添えられています。

軟菜食や嚥下調整食の方にも食べやすく作って、お弁当箱で提供しました。


栄養部には「えっ?市販の弁当?」「何事!?」と大きな反響が届いたようです。
配膳する看護師さんがとても楽しそうだったことや、なかなか食事が進まない患者さんが「どれから食べようかしら」と喜ばれ、早い時間で完食されたとのSTからの報告も。
サプライズ、大成功でした♪

そして栄養部から、ちゃんと手作りした「証拠」も届きましたので、一緒にアップします(笑)
こんにちは、広報スタッフです!
何やら栄養部が新しいことを始めたと聞いて訪ねてみました。

テーブルを見ると・・・「大きなケーキを発見!!!」

お誕生ケーキ!
ご入院中の患者さんの誕生日をチェックして、夕食に提供しているとのこと。
治療食の方も主治医の確認を取り、嚥下調整食の方にはプリンと細やかな配慮も。
喜んで頂けるといいなとスタートしたら、反響がすぐにあったの~。と栄養部のスタッフも嬉しそうでした。
誕生日チェックも大変だろうなと思ったのですが、患者さんの嬉しい反響に、吹き飛んでしまったようです。


本当は手渡しできればいいのですが、この写真に気持ちを込めて、Happy Birthday~。
こんにちは、広報スタッフです!
今年は、暑い日が続きましたね~。いきなり冷やっとしたかと思ったら、9月も後半・・・。すっかり秋!
久々の美味し化プロジェクト報告となりました~。

シルバーウィークの二日間は「敬老の日」と「秋分の日」が続きました。規制も緩和され、少しお出かけになられた方も多かったのではないでしょうか。
当院では、ご入院中の皆さんにもしっかりと「秋」を感じていただけるよう、栄養部が腕を振るいました。

9/21【敬老の日】
赤飯/秋鮭のけんちん焼き/天麩羅盛合せ/菊花とほうれん草の山葵和え/梨


9/22【秋分の日】
キノコたっぷり炊き込みご飯/さんまの塩焼き/茶碗蒸し/蓮根サラダ/ぶどう

さすが食欲の秋。美味しい食材が揃う季節ですよね。
今年特に不漁が伝えられている「さんま」が提供されているのには、ちょっと驚きました。
栄養部の努力だと思います。
その気持ちが通じたのか、ご入院中の皆さまからも嬉しいお便りが届きました。

「ごちそうさまでした。特に炊き込みご飯の栗の香りが、痛い身体を大丈夫と励ましてくれました。」
「メニューを作るのは大変ですね。楽しみにしていただきます」
「味覚の秋と食欲の秋を楽しみました。ありがとうございました。」
さらには、手作りのアクリル毛糸たわしも添えられていたりと、大きな反響に栄養部スタッフがとても喜んでいました!

私たちが患者さんへ一日も早い回復を願う。それに感謝の言葉が返ってくる。 こんなキャッチボールはスタッフの一番の励みになります。
コロナ禍で、気持ちも沈みがちですが、対策をしっかりとって、前向きに行きたいですね~。
こんにちは、広報スタッフです。
春の足音が聞こえてきそうな良い天気です。

今日のバレンタインは、特別メニューをお届けしましたよ~。


まずは、メインデッシュのハンバーグからご紹介します。

ハートのにんじんが添えられたハンバーグは、もちろん手作り!!手ごねハンバーグです。
撮影ついでに一口だけ、味見をさせてもらいました♪
お肉のうまみがひろがって、びっくり!!
専門店並みの味でした。隠し味にお豆腐が入っていたらしいのですが、気づくことなく、とにかくおいしい…レシピを教えてもらいたいくらいです。


そして、チョコレート。

こちらも、もちろん手作りです。
同じく、味見を・・・。(一粒だけです~。)
口に入れた途端、すぐ溶けてしまいまして・・・幸福感で満たされました。これもおいしい・・・。
パティシエのスタッフが心を込めて作りました~。さすがプロ。


栄養部スタッフの愛情たっぷりメニュー。今回はこの二人が担当してくれました。

「ご入院中の皆さんが一日も早くご回復なさいますように」の笑顔で♪

さらに、食器が返ってきた時間に、栄養部から電話が・・・。
患者さんからたくさんお返事もらいました~と、スタッフ一同、感激しています~。

ヒトコト添えていただいたお手紙、本当に励みになります。ありがとうございます。

今気づいたのですが、糖尿病の治療食を摂られている方にもチョコレートが出されているんです。
確認してみると「カロリーを調整してるのよ」との回答。
改めて、患者さんへの想いを感じました。
こんにちは、広報スタッフです!
立春を迎え、いよいよ春に向かいますね~。といっても今年は暖かい日が多く、なんだかしっくりしませんが・・・。

昨日の昼食は節分メニューを提供しました。

まず、巻きずしといなり寿司。もちろん、当院調理師の手作りです。
ベテランと若手のコンビで頑張りました~。

そして、イワシの天ぷら!
節分の縁起物「柊鰯」(ひいらぎいわし)にちなんでいます。
カードの後ろに少し隠れていますが、菜の花のお浸しも添えてあります。
春を感じるメニューでした。


患者さんにも大好評。
いつもお食事が進まない方も目を輝かせて、一番に手を伸ばされていました!
喜んでいただけることが何よりも嬉しいです。

皆様方にたくさんの「福」が訪れますように・・・。
こんにちは、広報スタッフです。
新年、あけましておめでとうございます。
「令和」初のお正月、みなさんはいかがお過ごしになりましたか?

当院では、毎年恒例の手づくりおせちを提供しました。

気になる元旦メニューは・・・。
朝食:お雑煮と祝い肴5種
昼食:お赤飯と折詰(海老の艶煮・松風焼き・紅白なます・黒豆・たたき牛蒡・お煮しめ・金柑甘煮・きんとん・昆布巻き・伊達巻)デザート
夕食:ご飯・ぶりの照り焼き(菊花かぶ添え)・茶碗蒸し・精進炊き合わせ・梅
朝・昼・夕と豪華なメニューです。

こちら、準備風景!折詰がずらり並ぶと壮観です~。
特におせち料理が入った昼食は調理スタッフ総出で作る力作なんです。金柑甘煮も種をとって丁寧に作ります。

飲み込みが難しい方に柔らかく仕上げた「嚥下調整食おせち」も毎年手づくりで提供していますが、今年は特に反響が大きかったそうです。

年末年始を病院で過ごされる方々に、少しでもクリスマスやお正月を感じていただきたいと、栄養部のメニューには力が入ります。クリスマスには手作りケーキを提供しました。

おひとりお一人に心を込めて・・・。
一日も早いご回復をお祈りしております。
こんにちは、広報スタッフです。
本当に暑い日が続いていますね。

先日のブログでもお伝えしましたが、夏は入院患者さんの食欲が落ちやすい時期です。
回復にも影響が出るので、どうにか食事をとってもらおうと栄養部を中心に頑張っています。
今回は、当院の11病棟【障害者等施設一般病棟】での茶話会の模様をお伝えします。


11病棟を訪ねると手作りのひまわりと花火がお出迎え。茶話会の準備が整っていました。
こちらは飲み込むことが難しい患者さんが、多く入院されている病棟です。
食事や飲み物もそのままでは、むせてしまわれる方が多く、むせてしまうと肺炎の原因になるので、とろみをつけてご提供します。

でも、茶話会を楽しんでもらいたい!とスタッフで検討し、今回はのどごしの良いゼリーをお出しするようにしたようです。
それがこちら!


頑張って、写真を撮ったのですが・・・。見えますでしょうか?
お花が咲いています!フラワーゼリーになっています!
目にも涼しく、楽しんでもらいたいとパティシェの資格を持つスタッフが試作を繰り返し、作りました。

黄色のお花【オレンジ味】と紫のお花【グレープ味】です。
ゼリーが引き立つようにと栄養士の実習生さんがコースターも作成してくれました。
ここに置くと本物のお花のようです。


作ったスタッフから、説明タイム。普段表に出ないので、ものすごく恥ずかしい・・・と、はにかみながらも。

フラワーゼリーは一つ一つストローや注射器のようなものを使って、透明なゼリーに色のついたゼリーを流し込んでいきます。


通常のフラワーゼリーなら周りを多少硬めにつくれば、綺麗に色の区別が出ると思うのですが、ベースも柔らかく仕上げないといけないので、むずかしいだろうなと想像がつきました。
しかし、皆さん完食される方が多く、手をかけて作った甲斐があったのではないかと思います。

熊本の夏はまだまだ続きますね。どうぞ熱中症など、十分に気を付けてお過ごしくださいませ。
こんにちは、広報スタッフです。
例年、もうすぐ梅雨明け!となる時期ですが、今年はまだ難しそうですね。
気温も高低差があって、体調管理も難しいです。

この時期は、食欲が落ちる患者さんも多いと言うことで、栄養部ではまさにあの手この手を使っています。
今回は7月前半のメニューを一挙にご紹介します!


上段左側 7/5 とうもろこしご飯    熊本県産のとうもろこしを炊き込んだご飯~。
上段右側 7/7 七夕メニュー      そうめん汁でつるつるっと食べてしまえそう~。
下段左側 7/10 夏バテ予防メニュー  お酢の力で腸の運動を高めてもらいましょう。
下段右側 7/12 豆腐の日       普通食の方も、飲み込む力が弱い方も楽しめる万能食材! 10とう+2ふで12日は豆腐の日だそうです。

栄養部はどうすれば患者さんが箸をつけてくださるかを考え、治療の一助にと頑張っています。豆腐はプロジェクトメンバーで試食も行い、味や固さまで調査をしていました。
来月は8/4【8えい/4よう】の日もやってきます。8/8 14時30分~には、健幸講座で管理栄養士による「夏を乗りきる!筋力アップの食事ポイント」の講演会も行います。
みなさんもあの手この手で、厳しい季節を乗りきりましょう~。
こんにちは、広報スタッフです。
栄養部から、朝もビュッフェするよ~。と声がかかりました。
4月末には「ランチビュッフェ」を行い、好評だったということもあり、今回は朝食ビュッフェを開催となったようです。

対象は、介助が不要な一般病棟にご入院中の患者さん。
前回はいわゆる「普通食」の方が対象だったのですが、今回は高血圧食、糖尿食など「治療食」の方も管理栄養士と一緒に参加されました。
どんなメニューを選んだら良いかなど「実践栄養相談」の一環としてだそうです。
実際の料理を前に、教えてもらうとしっかりと記憶にも残りそうですね~。


気になるメニューは、病院の食事をベースに、できたてスクランブルエッグ!、焼き鮭、たっぷりサラダや手作りのパイナップルジャムも!
飲み物も牛乳、野菜ジュース、コーヒーなど・・・


サービスに専念するあまり、みなさん取り分けられた後の写真です。スミマセン・・・。

食後は飲み物を飲みながら、患者さん同士でお話されたり、栄養士や調理スタッフにリクエストや作り方を尋ねられたりと、朝のゆっくりとした時間を楽しんでいただけたのではないかと思います。

アンケートにも「楽しかった」「またやって欲しい」というご意見をたくさんいただきました。
当院の栄養部のコンセプトは「楽しみな食事」。入院中の患者さんが喜んでくださる声は、まさに実現への一歩です。
こんにちは、広報スタッフです。
雨がなかなか降りませんね。熊本県は九州北部地域に入るので、梅雨入りもまだ・・・。
お洗濯は、はかどりますが、こうも晴れ続きだと水不足も心配になってきます。
 

しかし、暦の上ではしっかり梅雨時期に入りましたので、6/11の「入梅」には梅を使ったメニューをご提供しました。


・梅しらすご飯
・鶏肉のやわらか煮
・苦瓜のさわやかサラダ
・手作りびわゼリー

気温の変化もあり、食欲が落ち気味なこの季節。サッパリメニューでご提供です。
患者さんからも素敵なお手紙をいただきましたよ~。

素敵なお手紙をありがとうございます。
調理スタッフのこともおもんぱかっていただき、そしてまた、彩りにまで触れていただき、しっかり食事を見ていただいていることが伝わってきます。
本当に励みになります。ありがとうございます。
これからも、患者さんに喜んでいただけるメニューを考えていきたいと申しておりました。

熊本機能病院の近くには八景水谷(はけみや)公園があり、水が湧き出ています。
そして周辺には田んぼが多く、田植え前に張られた水に病院の夜景が映り込んで、とても奇麗なのだと、あるドクターに教えてもらいました。
毎年、わずかな間しか見ることのできない景色を、今年は楽しみたいと思います。
この環境が損なわれないくらいの梅雨が待ち遠しいです。