スタッフブログ

総合リハビリテーション部

平成27年1月24日、通算第14回目の総合リハビリテーションセンター研修会が開催されました。

今回のテーマは、
『栄養とリハビリテーション』です。

講師は、高齢者の栄養管理やがん患者の栄養管理などで大変ご高名な
上尾中央総合病院栄養サポートセンターセンター長の大村健二先生です。



講義は「高齢者の栄養管理」「適切な輸液処方」について前半にご説明いただき、
後半はメインテーマである「リハビリテーションと栄養」「運動と栄養」について、
大変わかりやすくお話しいただきました。

栄養管理が重要であることはリハビリスタッフも十分認識していますが、
病院で日常的に行われる栄養管理や医療の中で信じられていることが,
実は間違っていたということに気づかされ、目からウロコの情報をたくさんいただきました。

いくつかご紹介すると、前半部分は・・・
●加齢によって消化・吸収能は低下しない
●若年者と高齢者の摂取カロリーはほとんど変わらない
●高齢者でも脂肪の燃焼は障害されない

としたうえで、

●高齢者は若年者より多めの良質なたんぱく質を摂取すべきである
●高齢者の絶食や安静が必要かよく考えるべきである

と提唱されています。



さらに、リハビリテーション分野においては、

●高齢者の元気さの差は筋肉の量の差による
●運動が記憶力を高め認知機能の低下を防止する
●食品中のコレステロールは大変少なく、過剰摂取で動脈硬化が進むという証拠は全くない

としたうえで、

●リハビリの効果を増強する栄養素は豊富なたんぱく質、分岐鎖アミノ酸(BCAA)、ビタミンDである
●高齢者の骨格筋量を維持することは大変重要である
●リハビリテーションは、人間の尊厳を取り戻すことができる極めて重要な医療行為である

と締めくくられていました。



我々リハビリテーションスタッフの役割として、改めて高齢者に対する運動やエクササイズの重要性、
好きなものをしっかりと食べられる身体機能の獲得、
その先にあるQOLの向上と人間の尊厳回復のために力を注ぐべきであると強く認識することが出来ました。

今回学んだことを、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士と協力し、
患者さんや施設の利用者の方へ還元できるようチーム全体で取り組んでまいりたいと思います。

今後もこのような有意義な研修会を継続し、スタッフの成長の糧としたいと思います。
お忙しい中、遠路よりお越しいただきました講師の大村先生に心より感謝申し上げます。

総合リハビリテーション部 理学療法士 今屋
こんにちは、広報スタッフです。
新棟の建築工事が始まり、施設周辺も大変あわただしい雰囲気になってきました。
特に駐車場周辺では、ご迷惑をおかけしております。
スタッフも道路や駐車場でご案内できる体制を整えておりますので、ご理解いただければ幸いです。

さて、工事は始まっても、いつも通りの診療やリハビリを行っております。
研修も熱心な総合リハスタッフからの報告が届きました~。
———-

11月15日と16日、今年度5回目の総合リハビリテーションセンター研修会を開催しました。

今回のテーマは・・・
『高次脳機能の理解と診察
~聴覚・体性感覚・行為の障害を中心に~』


講師は高次脳機能障害分野の第一人者である、
山形県立保健医療大学 作業療法学科 教授の平山和美先生です。


脳卒中後の後遺症の一つとして、
誰もが普段何気なくやっている服を着る、料理をするなどの行為ができなくなることがあります。
これを高次脳機能障害といい、リハビリの対象となっています。

先生は、まず脳の画像を見てどんな行為が障害されるか予想することが重要とおっしゃられ、
その画像の見方を丁寧に指導してくださいました。


そして患者さんの障害を正確に確認するために、
正しい検査方法を身振り手振りも交えて教えてくださいました。



さらに、担当した患者さんについて、実際の写真などを使用して症状を説明し、
平山先生をはじめ、他のスタッフとも意見交換を行いました。


実際に接した患者さんを通じて意見交換を行うことで、
私達が普段実施しているリハビリについて振り返る良い機会となりました。


スタッフからも積極的に質問があり、5時間半という長時間の研修でしたが、
とても充実した時間となりました。

平山先生は、「江津湖周辺の自然とおいしい食べ物が大好きです」と仰り、
「また熊本に来たいです。」とも仰っていました。
当院のリハビリの質向上のためも、またお越しいただければと思っています。
こんにちは、広報スタッフです。

外部講師をお招きして開催している総合リハ部の研修会の様子が届きました!
テーマが「言語機能の局在と失語症リハビリテーション」と、専門的な研修ですが、
患者さんの身近に起こりうる症状をよく知ろうと様々な職種のスタッフが参加しています。

—————————–

10月25日、総合リハビリテーションセンター研修会を行いました。


今回のテーマは・・・

言語機能の局在と失語症リハビリテーション


講師は、失語症研究の分野で第一人者であられる、
北海道大学 大学院 保健科学研究院の大槻美佳先生です。



リハビリというと腕や脚の動きを改善することを思い浮かべることが多く、
たとえば「言語聴覚士」といっても、実際にどんな仕事なのかご存知ない方も多いかもしれません。
その名の通り、言語=ことば、話すこと、聴覚=聞くこと、更には食べることについて、
問題をお持ちの方に対し、社会復帰や機能改善の支援をするのが言語聴覚士の仕事です。



今回の研修では、脳の機能局在(脳の中での役割分担)と言葉の障害の関係について、
言語障がいに対するリハビリを専門とする言語聴覚士だけでなく、
リハビリに関わる理学療法士や作業療法士にもわかりやすく説明してくださいました。



質疑応答では和やかな雰囲気で質問しやすく、大変有意義な研修となりました。

北海道は紅葉の美しい季節で冷え込んできており、九州は随分暖かく感じられたとおっしゃっていました。
凍えそうなときは、暖かい九州、火の国 熊本に是非来ていただきたいものです。
こんにちは、広報スタッフです。

外部講師をお招きして開催している総合リハ部の研修会、
8月もしっかり行われていましたよ~。
研修会の様子が届きましたので、どうぞご覧下さい。

—————————–

去る8月23日、24日に総合リハビリテーションセンター研修会が開催されました。
今回の講師は、関東労災病院の主任理学療法士 今屋健先生です。


今屋先生は膝関節のリハビリテーション(特にACL損傷)のエキスパートとして、
全国で講演や学会発表、シンポジストとしてご活躍されています。
(実は、当院の某理学療法士の実のお兄さんです…)

今回、ご講演いただいたテーマは、
「膝の機能解剖を理解する~リハビリテーションにどうつなげるか~」


両日とも実技を交えた講義を行っていただき、参加者一同大変興味深く受講することが出来ました。
中でも本職の領域とはやや離れる立場の作業療法士にとっては、
実際に体を使って学ぶことで非常にわかりやすく理解することができたようです。

二日目には今屋先生が実際に臨床で実施しているリハビリテーションを学び、
細かい視点で丁寧に指導することの重要性がよくわかりました。

例えば・・・

●膝関節を曲げる(heel slide)時は、
太ももの外側から手を入れ、足先は内側に向けて誘導するとスムースに曲がる



●膝を伸ばして力を入れる筋トレ(quad setting)は、
足首をやや下向きにして膝をしっかり伸ばして行うとより力が入る



●足を持ち上げる筋トレ(SLR)は、足投げ出しの座り姿勢で、
やはり足首をやや下向きにして膝をしっかり伸ばして行うと十分な負荷がかかる


など、非常に細かい注意点ですが、
これらをしっかりと行うことで得られる効果が大きく変わります。

今回得られた技術と知識を患者さんにしっかりと提供できるよう、さらに勉強を重ねていきます。
今後も研修会を通して技術の研鑽に励んでいこうと、
意気込みを新たに、恒例の集合写真をパチリ!

こんにちは、広報スタッフです。

台風の影響もあり、不安定なお天気が続いていますね。
蒸し暑いと気持ちまでグッタリしてしまいそうですが、
元気な当院リハビリスタッフからは、研修の様子が届きましたよ~!

—————————–

8月2~3日、2日間に渡り、総合リハビリテーションセンター研修会を開催しました。

平成26年度の第1回目にあたる今回、
千里リハビリテーション病院 理学療法士の増田知子先生をお招きしました。


ご講演いただいたテーマは、
「脳血管障害患者に対する最近の装具療法~装具使用の目的から実例まで~」

1日目は座学、2日目は実技中心で、ご講演いただきました。

脳血管障害(脳卒中)の患者さんに対しては、発症早期からリハビリを提供すること、
また適応に合わせた装具を使用することが推奨されています。
装具を使用して適切にリハビリを行うためには、患者さんへの歩行介助技術が大変重要です。


2日目の実技では、スタッフも装具を着用し、
先生のご指導のもと、十分に練習することができました。

当院では日曜日も患者さんへのリハビリテーションを提供しているため、
研修会に参加できないスタッフは後日ビデオで勉強します。

ということで、ビデオ撮影班も真剣!!


最後は増田先生を囲んで、恒例の集合写真を撮影。
充実した研修を終えて、笑顔がはじけてます。


これからも様々な研修を通して、スタッフのスキルアップに努めてまいります。
こんにちは、広報スタッフです。

とっても勉強熱心な総合リハビリテーション部!
今回も研修会の様子をお届けします。
なんと、今回も海外から講師をお招きしての研修会です。
—————————–

3月5日、6日、総合リハセンターの2年目・3年目のスタッフを対象とした研修会を行いました。
今回もラックヘルスケアさんにご協力いただきました。

テーマは・・・
リスクマネジメントから見たトランスファーのテクニックです。

リスクマネジメント?トランスファー???
と、言葉が聞きなれない方もたくさんいらっしゃると思います。

リスクマネジメントとは、一言でいえば「安全管理」のことです。
リハビリの現場でいえば、患者さんの転倒やケガの可能性を管理することですね。

そして、トランスファーとは、移動、移転、持ち運び、転送などを意味し、
リハビリの現場では、患者さんが車いすからベッドへ移動される時など、
自ら、または介助によって乗り移る動作のことを言います。

つまり、リハビリスタッフが患者さんの乗り移る動作をお手伝いさせていただく際、
患者さんにケガなく、安心して移動していただくためのテクニックを学ぶ研修会です。


今回の講師はPer Halvor Lunde(ペヤ・ハルヴォール・ルンデ)先生

ルンデ先生は、ノルウェーの行政機関や労働監査局で、
環境整備の指導や移乗・移動用具に関する教育活動をおこなっている理学療法士です。

病院、施設、在宅ケア等、現場で豊富な経験を持ち、
ボディーメカニクスやエルゴノミクスを応用した、
“Per Halvor Lundeシステム”と呼ばれる移乗・移動技術を開発し、
北欧を中心にヨーロッパ各国でセミナーを開催しています。

ルンデ先生のセミナーの模様はYouTubeで、たくさんの動画を見ることができます。
実際に見たことのある当院の理学療法士は、
「是非、検索して見てみてください。感動ものが満載です!」と話していましたよ。
>>ルンデ先生のウェブサイトはこちら(英語です)



終始やさしい笑顔で講義をしてくださったルンデ先生。
参加したスタッフもいきいきと受講していました!



受講後の感想を聞いてみたところ・・・

●作業療法士
「体位交換や起居・移乗などは、患者さんのペースに合わせた介助が必要と学びました。
介助側である自分自身の体への負担も考慮した動きも知ることができ、
さっそく明日から実践したいです!」

●理学療法士
「実技中心の研修で、疑問に対しても分かりやすく説明していただけて良かったです。
今日学んだことを臨床でも生かしていきたいと思いました。
ルンデ先生ってジェントルで素敵です。」

●看護師
「たいへん参考になりました。
スタッフにも体位変換時にボディーメカニクスを応用し、
患者さんの身体能力やペースに合わせた安全安楽な介助をするよう周知していきたいと思います。」

教えていただいたテクニックをすぐにでも活かしていきたい!という声がたくさん聞かれました。
そして、多くのスタッフが心に残ったと話していたのが、ルンデ先生のこの一言・・・

Always exist several solutions.
常に解決策は存在する

豊富な経験のもと、さまざまな課題を解決してこられたルンデ先生の一言に、
日々、現場で課題に取り組む当院スタッフも、あらためて前向きな気持ちになれたようです。
こんにちは、広報スタッフです。

またまた総合リハビリテーション部研修会の様子が届きました!
今回も海外から講師をお招きしての研修会です。
—————————–

2月22日、23日の2日間、
総合リハビリテーションセンターの研修会を行いました。
今回もスタッフを2分割しての勉強です。

テーマはポジショニングです。


講師はドイツ人看護師のDr. Sabine M. Becker(サビーネ・ベッカー先生)です。
今回もラックヘルスケアさんにご協力いただきました。

専門的な言葉になりますが、
Eutonie(オイトニー)
Kinesthetics(キネステティクス)
Basale Stimulation(バサールスティミラチオン)
太極拳・・・その他の理論をミックスして、
ベッド上での肢位調整(ポジショニング)の可能性を講義していただきました。

 
実技を多く取り入れて、肢位保持の重要性だけでなく、
その肢位に誘導する際の介助者の体位の取り方や刺激の入れ方などを
わかりやすく解説してくださいました。

 
受講したスタッフは、
真剣ながらも和やかな雰囲気に包まれた素晴らしい研修会だったと話していました。


最後は皆で記念撮影をして終了!

16:30に研修会が終了し、17:45には熊本空港から東京へ旅立たれたベッカー先生。
Harry up or you’ll be late for boarding and fright!

最後は大慌てでしたが、大変有意義な時間となりました。
こんにちは、広報スタッフです。

今日は今年度3回目の総合リハビリテーション部研修会の様子が届きました!
海外から講師をお招きし、多くを学んだ研修だったようですよ。

—————————–

2月1日、2日、総合リハビリテーションセンターで今年度3回目の研修会を行いました。
今回もスタッフを2グループに分け、同じ内容を1日ずつ勉強しました。

今回はラックヘルスケアさんのご協力で、
スウェーデンからベンクト・エングストローム先生をお呼びして、
エルゴノミック・シーティング」を勉強することができました。


エルゴノミック・シーティングって?
エルゴノミックとは「人間工学」のこと、シーティングは直訳すると「着席」や「座ること」という意味です。
繋げてみると「人間工学に基づいた座り方」といったことになります。
障がいを持った方や筋力を喪失した方が「うまく座る」ことができるよう、
イスや車いすといった道具、装置などを正しく提供するための技術やノウハウのことです。


エングストローム先生は、スウェーデンを拠点として国際的に活動しているフリーの理学療法士で、
シーティングにおいて世界でも非常に見識に富んだ専門家の一人です。
昨年アメリカで開催された国際シーティングシンポジウムにおいても、
メイン・スピーカーとして招聘されています。
>>エングストローム先生のホームページはこちら(スウェーデン語です)


エングストローム先生は2003年に初来院されて以来、数年に1度来てくださっています。
実際に車いすを使いながら、熱心に説明してくださいました。


※写真は患者さんご本人の許可をいただいて掲載しております。

最後は参加者全員で記念撮影!


患者さんにもご協力いただき、「座ること」の基本を学び、車いすシーティングの諸問題を共に考え、
解決へのヒントを与えてくださる素晴らしい研修会でした。
こんにちは、広報スタッフです。
9月になり、一気に秋の気候ですね。
今年は暑かったので、この数日の涼しさがとてもうれしく思います。


さて、タイトルの通り、当院に新たに3人の「心臓リハビリテーション指導士(以下、心リハ指導士)」が誕生しました。
9月1日に認定を受け、これで当院の心リハ指導士は5名となりました。

心臓リハ指導士は、急性心筋梗塞や心臓手術後などの患者さんの早期離床・早期退院のために、
専門的なリハの知識・技術を習得したスタッフに与えられる称号です。
日本心臓リハ学会が認定するもので、
心大血管リハを行う病院には「心リハ指導士」が1名以上の配置が義務付けられています。

当院の心臓リハは、医師・理学療法士・看護師・管理栄養士・MSWなどが密に連携し、
退院後の生活までを視野に入れた包括的リハとして取り組んでいます。



心リハ指導士が全員集合!




当院の向上心あふれる5名の心リハ指導士です。

患者さんの年齢層が高齢化する中、他の疾患を主病名として治療をされている患者さんに対しても、心臓リハに関連する知識が必要となっている昨今です。

これからの活躍が大いに期待されます!
こんにちは、広報スタッフです。
総合リハビリテーションセンターから、今年度2回目の研修会の様子が届きました。
今回は参加したスタッフの感想もありますよ。

———-

8月17日、18日、今年度2回目の総合リハセンター研修会を行いました。
今回も2日間同じ内容です。

テーマは「コミュニケーションスキルを磨くための基礎知識」で、
ラックヘルスケアさんのご紹介で八巻 理恵(やまき りえ)先生に講師をお願いしました。












  八巻先生は衆議院や主税局、
  気象庁や大手企業などに多くの研修実績を持ち、
  「セルフコーチング」(写真)を執筆されています。



今回はリハスタッフだけでなく、リハ医のTさんも参加しました。
専門的知識や技術を発揮する為にはメンタルが大切なこと、
心理学的理論も交えてセルフコーチング、アサーション、コーチングなどを説明され、
グループワークで体験しました。



研修時間内でもスタッフの笑顔はどんどん豊かになっていきました。




以下、参加者の感想です。

理学療法士Tさん♂
「プロフェッショナルな集団になる」「前向きで楽しい人生をおくる」には、どうすればいいのか?
そのようなメッセージがたくさん詰まった研修会でした。
より良い自分に変わり、コミュニティーでの自己の役割を果たす上では、
「セルフコーチング」を日々行うことが大切であると気づく事ができました。
その素敵な場を多くのリハスタッフで共有できた事は貴重な体験でした。

作業療法士Nさん♀
グループワーク形式で行われたので「あっ」という間に時間が過ぎました。
コミュニケーション場面では他者のことばかりに目が行きがちですが、
まずは自分自身を知り、自分をコントロールできることが大切と学びました。
いざ自分のことを考えてみると、自分のことなのにわからないことが多くて驚きました。
患者さんにとって信頼できるセラピストとなり、
悩みを一緒に解決していけるよう今回学んだことを実践していきたいです。

言語聴覚士Mさん♂
今回の研修で印象に残ったことは「セルフコーチング」です。
この機会に今まで考えていた将来の目標について改めて考えることが出来ました。
その中で目標に達するまでには自分はまだまだ不足しているものが多いという点を再度認識しました。
そして、目標が遠すぎるという点にも気付きました。
リハ同様に、短期目標を考えながら少しずつ近づいていこうと改めて感じました。